Cat's Brand ~ライブorアルコール~

ライブと酒とその他日常ネタです。

とりあえず一つめの壁は乗り越えた!(時期がらネタ)

 時は3月下旬。ともなると・・・やはり異動という恐ろしいモノが控えているわけで。規模と時期は違えど、どこの職場でもある程度はあるんじゃないでしょうか? ええ、ワタクシもそろそろ激しく動くんじゃないかなーと、ここ2週間ぐらいは悪夢を見続けていたわけで(;´Д`) 今の場所に不満がないわけではありませんが、「慣れる」ということに関してあまり能力の無い私からすれば、異動しないに越したことはありません。結論から言えば・・・今回はセーフ! しかし一週間後の本番に向けて、さらに緊張状態が続きます。う〜ん、根回しは完璧なんだけど(笑)、逆に完璧すぎて狩られるおそれもあるので油断は禁物。がんばりますよ! がんばったってどうにもなりませんが。ホントに意味分からない雑記でした。

完全復帰初戦・・・でしたが。神田神保町店(今年27杯目)

 そろそろ体重落とす頃合いかなと思っているんですが、腹が減ると・・・あの満足感を味わいたくて通ってしまいます。たとえそれが徹夜明けだとしても!
 昼過ぎにホームの神保町店へ。13時到着で待ち列は7人。おお!ここ最近では一番列が短い!と喜んでいましたが、この強風の中並ぶのは相当キツイ(笑)。端から倒れていく自転車、どこからか飛んでくる看板・・・花粉症の方々にとってはさらに地獄でしょう。ただ気温自体は高めなので、寒いといったことはありませんが。マフラーしてる人はどういう体温をしてるんだ?(笑)
 15分程度で店内へ。厨房は店主と若ヒゲの助手さんの2人。しばらくはこの体制でしょうか。店主に軽く挨拶をし、今日も大ブタと生卵の食券を買います。量を聞かれ・・・恐る恐る「別盛りでお願いします」と。1ヶ月以上ぶりになります別盛り、恐怖感は拭えないですよ!(笑) でも、復活具合を確かめるにはこれしかない。お願いします・・・。
 着席して、助手さんから生卵が来ない(笑)。食券回収されて、3分ぐらい立ってから気づく俺も俺だけど。その他にも新人助手さんが少々トラブっていたのを目にし、心の中でがんばれーと応援する。客もちっとは気を遣ってまともなコールしろよ(;´Д`) 最近特に、麺カタメコールの遅い客が多すぎますよ。少しは店の流れに気を遣ってもいいんじゃないでしょうか?と思う。そんな俺は小心者。
 トッピングは・・・別盛りですから、ニンニクマシマシのみお願いしました。久々の別盛りです・・・麺だけで決壊しそうになってるほどの店主の心意気をありがたくいただきます。麺は同ロットカタメがいましたし、ロット最後の出来だったのですが十分なカタさ歯応えで美味い。ドンブリ中程から引き出す麺は、カネシが効きつつもバランスのいいスープをちょっと吸い気味で美味すぎる・・・。スープ自体はもうホント絶妙のさじ加減というか、神懸かっているというか。あのストレート太麺のためのスープですよね! ホントに美味い。ブタは最近安定して、脂身プルプル、肉は適度に軟らかく適度に歯応えがあり旨みもバッチリ。美味い。ただ最近の俺にとっては量が多い(笑)。最後大抵はブタと格闘することになってる・・・。ヤサイは別盛りなのでノーコールでも、ありがたいです(笑)。茹で加減も上手い。
 ・・・しかし、これだけハイレベルで安定してるラーメンなのですが・・・やはり別盛りだと当たり前に多い。残り1/4ぐらいになって箸がストップ。まだ生卵も投入する前で、「誰だよ生卵頼んだの!?」と疑ってしまうほど(;´Д`) やはりまだ無理だったか・・・と撃沈前提に諦めが入る俺。それでも水を片手に食らう・・・最後のブタ2枚が美味いんだけど泣けるんですよ! ・・・まあがんばって完食。最後はスープまである程度飲める余裕があるんですけど、途中は異常に苦しい。何故なんだろう?
 やはり最高に美味しくいただくには普通盛りが良いと改めて思った学習能力の無い俺でした。店主に挨拶し退店。腹が・・・裂けそうなくらい苦しいですが満足感もまた苦しいぐらいです。ごちそうさまでした! 次は普通の大で(負け犬

「この青空に約束を−」「凜奈を探せ!」イベントは・・・

 神保町二郎から徒歩で秋葉原へ。着いたら・・・すでにトレカ配布は終了してました(笑)。だいたい予想の範疇でしたが、見るだけ見てみたかったですね。発売日にも何かイベントあるそうなので、参加される方はそちらも頑張ってください。私はオフィシャル通販組なのでどうでもいいです・・・メッセとソフマップとメディオのテレカを確認しには行くかもしれませんが(笑)。

(追記)トレカは2時間おきに補充してたみたいです。でも、まあ、無料配布ですし、ねぇ? 現場を想像できるところがアレです。

FF12買いました。

 FFは、1〜6は大変面白くプレイ、7は首をひねりつつも面白くプレイ、8はクリアしつつもそのまま燃えないゴミへ(ぉぃ)、9はそれなりに面白くプレイしつつもやはりあの等身は?(笑)、10は最初の1時間で放置中(当然10−2とかは持ってません)、11は何それ?  ・・・まあそんな感じで、典型的な最古参なわけです。今のFFは、まあ昔とやってることは変わらないと思うんだけど・・・どうしても作品意識が強くなってしまったというか。プレイヤーにいい意味で媚びる面が少なくなってしまったのかなぁ。確かに「やらされている」感がつきまといますよね。とくに8以降は。
 んで、そんな「作品」としてのFF最新作。9、10とすでに発売日にすら買わなくなった俺が、今作は買いましたよ! 何故かって? だって俺は松野信者。オウガシリーズだってベイグラントストーリーだって大好きですから! 物語を紡ぐ、という意味では、FFにもっとも必要な戦力だったのでは無いでしょうか。まあ途中でダウンしてしまいましたが(;´Д`)

 さて、最初1時間もやってないんですが・・・ざっとファーストインプレッションを。まずOPムービーとストーリーにひっくり返った(笑)。もうちょっと抑えめにいくのかと思ってたら・・・何のことはない、遠慮を知らないかのように紫のバラの人全開です(笑)。簡単に言えば、タクティクスオウガスターウォーズで、王道すぎるぐらい王道。ローグギャラクシーとかぶってるのはご愛敬か(笑)。主人公の声優もへったくそで滑舌悪いし、操作性も・・・特に視点変更の面では明らかに悪い。チュートリアル的な序盤の展開はイイと思う。CGは綺麗だけど、世界観を表現する意味では「ワンダと巨像」の前に霞むばかり。これは・・・初のシナリオ>システムなFFになりそうな予感です。あ、戦闘は確かにネトゲっぽいねぇ。
 ある程度は面白いと思うので、後はヒロインの魅力にかかっています(結局それか)。ティアさんの魅力を超えることは非常に難しいかとは思いますが、がんばってほしいものです。どうでもいいけど主人公の名前がヴァンって・・・テイルズオブジアビスに喧嘩を売ってるとしか(笑)。まあそんな感じです。

「絶対可憐チルドレン」第4巻に「さよなら絶望先生」第3巻購入。

 「絶対可憐チルドレン」はとにかく面白い。漫画として素晴らしい出来だと思います。やっぱり椎名高志は天才。ロリに興味のない俺が大絶賛するわけだから(笑)、そこに真因はありません。まあ「王様ゲームで無茶言ったりしてえーッ!!」とか言ってるので正確に言えばロリとはまったく無縁の世界ですが(笑)。
 「さよなら絶望先生」は・・・まあ頑張れ(ぉぃ)。奇才久米田がどこまでやれるか、それが全てです。頼むぞ久米田。

the TRAVELLERS ニューアルバム「east Bound」をゲット!!

 ホントはI'veのカテゴリーに入れるべきではないのですが、ハリーの所属バンドと言えばわかりやすいでしょうか。そういうことです。前々からアルバム単位で聴いてみたいなぁと思ってはいましたが通販に二の足を踏み、オフィシャルサイトの試聴だけで我慢してました。そしてやっと・・・です。まだざっとしか聴いていませんが、これはイイ! 個人的にサックスという楽器の個性の強さがあまり好きではなく、そういう意味であまりにジャジーなものは苦手としていたのですよ。ジャズピアノはすげーよく聴いてたんですけどねぇ。んで、このアルバムは・・・バランスが上手く取れていて、ギターベースドラム共によく響き合ってる。ついでに言えば、俺の現音楽環境が格段にレベルアップしたせいで、この系統に抜群に合う!(笑) こういう音楽は「空気」の表現が重要だし、それを活かしつつ、俺の目の前で演奏されてるような感覚に感動。いやほんと、いいよこれ。・・・つーかハリー、こう言っちゃ何だけど・・・I'veで叩いてていいんですか?(それ禁句

ねこねこソフト最終作「スカーレット」にI've曲が!?

 ねこの解散を残念に思うも、飛び抜けた作品が提供できなかった(注・俺的に)点である意味仕方なかったのかなとも思っていました。無償ファンクラブとかあまりに斬新すぎて余力を疑ってはいましたが(苦笑)、事実になってしまうと、ね。というわけで最終作「スカーレット」には期待してます。(今作みたいに、今までもシリアスストーリー一辺倒で攻めるべきだったんじゃないかなーというのは蛇足)
 んで、それにKOTOKOさん曲が使われるという話。意外にもこれが初ですか。使いどころを誤りそうにないメーカーだと思ってますから、さらに期待! 頑張れ、超頑張れ。