読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cat's Brand ~ライブorアルコール~

ライブと酒とその他日常ネタです。

坂本真綾LIVE 2011“in the silence”行ってきた。

 冬は好きです。雪は嫌いです(挨拶


 FC先行全滅、携帯FC先行全滅、アルバム購入先行で当選、という過去最大級の激戦を勝ち抜いた・・・わりには3階席という悲惨さ。でもとりあえず楽しみにして行ってきました真綾さんライブ。軽く感想を。


 今回は前述のとおり、会場キャパ的に激レアなライブとなりました。銀河劇場って・・・5日間演っても1回の東京国際フォーラムとトントンという席数で、MCでもありましたが大ブーイングだったようでwww 逆に言えば今後はこの規模では正規ライブは演れないんだなぁと感慨深く鑑賞させていただきました。
 事前にセトリは公開・・・というか内容が分かっていたので、安心して落ち着いて鑑賞出来ました。

 嘘です。1曲目の「inori」から、心臓を鷲掴みにされたように別世界に持っていかれました。MCも前半はものすごく少なくって、その感はさらに加速。あっという間の2時間、まさに駆け抜けた感じで・・・アタマで処理しきれない情報量だった! 完全燃焼というより、良い意味での消化不良。思いが、心が、さざ波にも暴風にも押し寄せてきて、圧倒的だったと。
 特に、「birds」と「誓い」の2曲は好みだった! 真綾さんは確かに、綺麗めの声で流れるように美しい歌が魅力的だけれど、俺は個人的に・・・こう、ロックで感情を叩きつける曲に輝きを感じるんですよ。(「SONIC BOOM」なんかもそんな感じで)
 まあそうは言っても、全部が魅力的なライブだったのは間違いない。「僕たちが恋をする理由」は河野さんのピアノでもいいけれどやっぱり塩谷哲(Salt)の生ピアノで聴いてみたいし、「ユニバース」はかぜよみツアー最終日をどうしても思い出す。そして何と言っても最後の「ポケットを空にして」! 前日までの4日間は日替わりで冬の歌を演ってたらしいんですが、真綾さんライブの締めはやっぱりこの曲をみんなで歌わないと! 本当に千秋楽に来て良かったなぁと思いました。まあレア曲も聴いてみたかったけれど。


 今年は自分から行くライブはコレがラストかなぁ。ホントに良いライブで、心おきなく年を越せそうです。来年もまた楽しませてください真綾さん偽物語の忍役おめでとうございますどうなんだあれーwww

 明日も仕事、微妙に肝臓に疲れがたまっているので早く休もうと思ったら・・・いまいち寝付けない。しかたないのでヴィータさんをいじりつつ、追記を。


 銀河劇場の広い舞台の上で、ほぼ武道館ライブと同じメンバーを並べたのは正直感動しました。バックバンドがしっかりしてるからこその素晴らしいライブだったのは言うまでもない。まあしかし、俺が大好きなリズム部隊が佐野さん&大神田さんじゃなかったのは痛いなぁ。リズム部隊は屋台骨だと思ってるので、そう言う意味ではまったく違ったバンドになってた印象です。泉さんがパーカッションで本当に良かった! 難しいもんですね。
 そして、最後の「誓い」で千秋楽限定で粉雪が降る演出。真綾さんがさかんに心配してましたけど、あれはドライアイスなので機材に心配はいらんのでは?www MCが全般的にお淑やかすぎて違和感がwwwww アンコールでやっとほっとしたのは俺だけじゃないはずですwwwwwwwww


 さて、寝るか。明日の仕事は色んな意味で長丁場なので。