読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cat's Brand ~ライブorアルコール~

ライブと酒とその他日常ネタです。

ハチャメチャな初夢を見た。

 あまりにぶっ飛んでいたので、思わず飛び起きた(挨拶 忘れないうちに書き留めておこう、うん。


 場所は自分の通っていた小学校のような、でも4階建てだったり、天井も十分高かった、とかなりの違いはあった。立場は高校生な感じで。先生はフツーの格好か、つなぎを着ていて、逆らったら抹殺されるような恐ろしい場所。そこに何らかの理由で超久しぶりに登校したんですよ。そしたらいきなり試験。定期のような臨時のような。自分的には何にもわからないので焦ってる半分、どうにかなるさ的なもので半分。いざ始まってみるとそれがまた訳が分からん試験なんですよ。筆記もあり、実技もあり、一発芸的なものもあり、最後まで何の試験が分かりませんでした。もちろん自分は何も解けず、見たこともないクラスメイト達が答え合わせやってるのを尻目に部屋を出てグラウンドへ。そしたらクラスメイトが追っかけてきてサッカーやろうと言い出す。そのサッカーも超絶ヘンで、すっげえデカいボールで、ゴールはなく、何故か人間ぐらいの大きさの円柱をピンに見立ててボーリングのように倒す競技。ボールも複数個で、チームも複数。あまりの違いに呆然と高台から見下ろして様子を見ていると、倒れたピンはどうやら中に人間が入っていて、処分されてしまう。そのうちにまた試験ということで屋内に戻り、今度は口頭試問らしくひとりひとり呼ばれていく。戻ってくるやつもいるし、戻らない者もいる。そして自分の番になって最上階の4階職員室のような場所で1対1。まったく分からない言語で質問されて、それをスラスラ答えていく自分。半年も来ていないのに凄いね、と他の先生から声を掛けられて、いきなり卒業生を送る会の余興をやるはめに。すぐに体育館ステージ袖に連れて行かれて、何も決めてないうちに会がスタート。ステージ上には超有名アーティストが歌っていたり、超有名人がスピーチしていたり。自分はどこかの民家に似たステージ袖で、何故か着物を着せられて女装をし、和傘のようなものを持って、似合う履き物を必死で探したけれど見つからず、順番が来たので急いでステージへ。完全に出オチの中、歌ったこともない歌を無理矢理歌い、ダンスをし、何とか笑わせようと努力するんだけれど、向かって左側の団体だけがノリノリで踊ってくれただけ。しかしそれ以外の団体は途中でボッシュート状態で消される。何とかやりきった自分は、途中から助けてくれたクラスメイトとハイタッチをかまして喜んだんだけれど、すぐにつなぎを着た先生から試験の結果を全員分発表され、あまりに酷い成績で嫌みったらしく言われる。それにむかついたのか危険を感じたのか、クラスメイトと一緒にその先生を突き飛ばした勢いで体育館の窓から外へ飛び出した・・・・・・


 なんじゃこれ?wwwwwwwwwwwwww スゲェいっぱい友人知人、昔お世話になった人が登場し、どっかの時代の総理大臣とかミスチルとかも出てきて阿鼻叫喚。元々俺ってあんまり夢見ないほうで、特に初夢なんてーのは覚えてる限りで初めてじゃないか。面白すぎる・・・。夢診断とかあるけれどどうでもいい。多分何かが俺のアタマの中で煮詰まっていて、それを睡眠で整理しているんだろう。うん。つーわけで1日だけの正月休みを満喫したいと思います。

 あまりにぶっ飛んでいたので、思わず飛び起きた(挨拶 忘れないうちに書き留めておこう、うん。


 場所は自分の通っていた小学校のような、でも4階建てだったり、天井も十分高かった、とかなりの違いはあった。立場は高校生な感じで。先生はフツーの格好か、つなぎを着ていて、逆らったら抹殺されるような恐ろしい場所。そこに何らかの理由で超久しぶりに登校したんですよ。そしたらいきなり試験。定期のような臨時のような。自分的には何にもわからないので焦ってる半分、どうにかなるさ的なもので半分。いざ始まってみるとそれがまた訳が分からん試験なんですよ。筆記もあり、実技もあり、一発芸的なものもあり、最後まで何の試験が分かりませんでした。もちろん自分は何も解けず、見たこともないクラスメイト達が答え合わせやってるのを尻目に部屋を出てグラウンドへ。そしたらクラスメイトが追っかけてきてサッカーやろうと言い出す。そのサッカーも超絶ヘンで、すっげえデカいボールで、ゴールはなく、何故か人間ぐらいの大きさの円柱をピンに見立ててボーリングのように倒す競技。ボールも複数個で、チームも複数。あまりの違いに呆然と高台から見下ろして様子を見ていると、倒れたピンはどうやら中に人間が入っていて、処分されてしまう。そのうちにまた試験ということで屋内に戻り、今度は口頭試問らしくひとりひとり呼ばれていく。戻ってくるやつもいるし、戻らない者もいる。そして自分の番になって最上階の4階職員室のような場所で1対1。まったく分からない言語で質問されて、それをスラスラ答えていく自分。半年も来ていないのに凄いね、と他の先生から声を掛けられて、いきなり卒業生を送る会の余興をやるはめに。すぐに体育館ステージ袖に連れて行かれて、何も決めてないうちに会がスタート。ステージ上には超有名アーティストが歌っていたり、超有名人がスピーチしていたり。自分はどこかの民家に似たステージ袖で、何故か着物を着せられて女装をし、和傘のようなものを持って、似合う履き物を必死で探したけれど見つからず、順番が来たので急いでステージへ。完全に出オチの中、歌ったこともない歌を無理矢理歌い、ダンスをし、何とか笑わせようと努力するんだけれど、向かって左側の団体だけがノリノリで踊ってくれただけ。しかしそれ以外の団体は途中でボッシュート状態で消される。何とかやりきった自分は、途中から助けてくれたクラスメイトとハイタッチをかまして喜んだんだけれど、すぐにつなぎを着た先生から試験の結果を全員分発表され、あまりに酷い成績で嫌みったらしく言われる。それにむかついたのか危険を感じたのか、クラスメイトと一緒にその先生を突き飛ばした勢いで体育館の窓から外へ飛び出した・・・・・・


 なんじゃこれ?wwwwwwwwwwwwww スゲェいっぱい友人知人、昔お世話になった人が登場し、どっかの時代の総理大臣とかミスチルとかも出てきて阿鼻叫喚。元々俺ってあんまり夢見ないほうで、特に初夢なんてーのは覚えてる限りで初めてじゃないか。面白すぎる・・・。夢診断とかあるけれどどうでもいい。多分何かが俺のアタマの中で煮詰まっていて、それを睡眠で整理しているんだろう。うん。つーわけで1日だけの正月休みを満喫したいと思います。