読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cat's Brand ~ライブorアルコール~

ライブと酒とその他日常ネタです。

WHITE ALBUM 2 クリアさせていただきました…(暫定感想ネタバレアリ

 最初に。全部は書けない、書きません。(挨拶

 ここ、ほぼ一ヶ月。他のことをほったらかしにしておいて入れ込んでいたのはこのゲームでした。関係各所、本当にすみません。正直、先日の舞台とライブ以外は寝ても覚めてもこの作品だけのためにアタマをフル稼動。…それだけ愛情をもってプレイさせていただきました。詳しいレビューなんぞは、また後日。どうせ再プレイも遠くないので。


 さし当たって今書ける感想を。まずは…丸戸氏よくやった! 前々から書きたがっていた「切ない」物語を、よくもまあこの規模で書き上げた。このエネルギーは、この作品に費やした情熱は間違いなくユーザーに届いているよ、と。そして、この作品を書く機会を与えてくれたLeafという会社に感謝を。刹那的な商売だもの、こんなに、あらゆる意味で時間のかかる作品を抱えるってのは自殺行為に等しい。けれど、それは情熱をもって、信念を持って、この作品を世に送り出してくれた…商売度外視とか言わないけれど、それでも覚悟をもって。結果、この作品は業界を代表する作品に成り得た。下川社長にも感謝を。スナック夢路で語った熱い想いは間違いなく伝わってますよ!

 作品自体には今言えることは少ないかも。順を追って想いを吐き出すと…まず俺は全面的に雪菜派ですwww 女神だわー。あんな女いたら凡人には怖すぎる。逆にかずさはどこにでもいそう。彼女のほうがはるかに凡人だよねぇ。そしてもうひとりのヒロイン武也キュンですがwww 正直依緒さんにももったいない男っぷりで萎える。かずさルートで改めて気づく、失ってはいけなかった人間だということに正直涙が止まりませんでした。サブヒロインの3人はそれぞれ個性的で、小春ちゃんは可愛そうすぎて一番お気に入り。千晶は裏ストーリーテラーで重要なポスト、けれど素の彼女もまた魅力的すぎました。駄目可愛い上司はw…やっぱり駄目可愛すぎる。そしてそのどれもに雪菜が関係してきて、特に小春っちのあの窓際のシーンは号泣してしまった。
 結局、この物語の「原因」はかずさなんだけれど、「根幹」は雪菜であって、それらが螺旋のように絡まった先でも…どうしても必要な描写は、「雪菜が傷つく」ところなんだよねぇ。加虐嗜好も嗜虐嗜好も持たない俺ですら、彼女の壊れていく姿は「必要」だと思うし、彼女がかずさルートにおいて幸せになるなんて幻想は持たなかったけれど…それでもあの「POWDER SNOW」弾き語りのシーンで何故にそこまで彼女を追い詰める!?と思ってしまった。うー。

 もう一度最初からプレイし直します。かずさtrueルートを最後に持ってきた俺が悪いんです。

 最初に。全部は書けない、書きません。(挨拶

 ここ、ほぼ一ヶ月。他のことをほったらかしにしておいて入れ込んでいたのはこのゲームでした。関係各所、本当にすみません。正直、先日の舞台とライブ以外は寝ても覚めてもこの作品だけのためにアタマをフル稼動。…それだけ愛情をもってプレイさせていただきました。詳しいレビューなんぞは、また後日。どうせ再プレイも遠くないので。

 さし当たって今書ける感想を。まずは…丸戸氏よくやった! 前々から書きたがっていた「切ない」物語を、よくもまあこの規模で書き上げた。このエネルギーは、この作品に費やした情熱は間違いなくユーザーに届いているよ、と。そして、この作品を書く機会を与えてくれたLeafという会社に感謝を。刹那的な商売だもの、こんなに、あらゆる意味で時間のかかる作品を抱えるってのは自殺行為に等しい。けれど、それは情熱をもって、信念を持って、この作品を世に送り出してくれた…商売度外視とか言わないけれど、それでも覚悟をもって。結果、この作品は業界を代表する作品に成り得た。下川社長にも感謝を。スナック夢路で語った熱い想いは間違いなく伝わってますよ!

 作品自体には今言えることは少ないかも。順を追って想いを吐き出すと…まず俺は全面的に雪菜派ですwww 女神だわー。あんな女いたら凡人には怖すぎる。逆にかずさはどこにでもいそう。彼女のほうがはるかに凡人だよねぇ。そしてもうひとりのヒロイン武也キュンですがwww 正直依緒さんにももったいない男っぷりで萎える。かずさルートで改めて気づく、失ってはいけなかった人間だということに正直涙が止まりませんでした。サブヒロインの3人はそれぞれ個性的で、小春ちゃんは可愛そうすぎて一番お気に入り。千晶は裏ストーリーテラーで重要なポスト、けれど素の彼女もまた魅力的すぎました。駄目可愛い上司はw…やっぱり駄目可愛すぎる。そしてそのどれもに雪菜が関係してきて、特に小春っちのあの窓際のシーンは号泣してしまった。

 結局、この物語の「原因」はかずさなんだけれど、「根幹」は雪菜であって、それらが螺旋のように絡まった先でも…どうしても必要な描写は、「雪菜が傷つく」ところなんだよねぇ。加虐嗜好も嗜虐嗜好も持たない俺ですら、彼女の壊れていく姿は「必要」だと思うし、彼女がかずさルートにおいて幸せになるなんて幻想は持たなかったけれど…それでもあの「POWDER SNOW」弾き語りのシーンで何故にそこまで彼女を追い詰める!?と思ってしまった。うー。

 もう一度最初からプレイし直します。かずさtrueルートを最後に持ってきた俺が悪いんです。