読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cat's Brand ~ライブorアルコール~

ライブと酒とその他日常ネタです。

ほっと一息。

 プレッシャーから解放されるってのはいいもんですね(挨拶


 まあしがらみは色々残ってるんですが、それはそれ。今を大切に生きたい俺でした。



 というわけで、たまりにたまっていたネタを一挙大放出! 覚えてる範囲で書き出しますよー!


 まずは先月のお話。Suaraさんのイベントライブから。Pure2のイベントっていう肩書きでしたが、かなりフリーダムなライブだったと思います。ジャズアレンジがメインってのもあって・・・俺自身は「オリジナルが至高」派というか、アレンジが変わるだけでも結構拒絶してしまう面ががが。本音を言うと、今回もやっぱり、って面が強かった。発想は面白いと認めますが・・・良さがあるかなぁ? かなり狭い範囲で楽しめても仕方ないと俺個人で感じました。Suaraさんはもっとストレートで良いと思うよ! 売れる売れないは別として・・・(;´Д`)ウウッ…
 12月のライブ先行特別販売もあったんだけれど、特別席は速攻売り切れ。通常のスタンディングで問題無いけれど、会場のステラボール自体に不安が残る古参ファンでしたwww


 劇団☆新感線公演「髑髏城の七人2011」、リピートで行く予定でしたが結果的には一度きりの鑑賞でした。感想を端的に申せば、もう一息だなぁ、と。その理由は、役者の力不足も確かに在ると思うんですが・・・かずきファンの俺だから言うぞ? やっぱり初期の作品だという感じが全体から漂ってくる。蛮幽鬼を個人的に最高傑作だと思ってる俺としたら、色々構成に引っかかりがあって、のめり込めない部分が多くて、そういう意味だけで言えば残念。ウラを返せばそれ以外はもうかずき節全開でいのうえ歌舞伎の真骨頂で楽しめました!!! 太一キュンのあのシーンはその系の女性方には大受けでしょうしwww(腐系)、証明、音響、全てを含めて新感線だなぁと痛感した、そして劇場で見るのが最高だと改めて感じた一作でした。来春のオリジナルが待ち遠しくって堪らない!!!!!!


 オバイバーとしては絶対に行きたかった「d2b vs DEARDROPS横浜BLITZに無理矢理仕事明け完徹で行ってきた。特にd2b(第二文芸部バンド)は俺のライブ人生の振れ幅を激しく増やしてくれた恩があるので。今回こそラストライブじゃないかと思っていて、頑張って行ってきました。翌日も仕事だってのにwww
 整理番号はそこそこ良くって、センター前から2、3列ぐらいをゲット。左脇に柵もあり、これに助けられつつモッシュを頑張ればいいかなーとか思ってました。過去のあのモッシュ熱を忘れていたわけじゃなかったんですが・・・。
 まずはDEARDROPSからスタート! もうすでに過去最悪の密度で圧縮されて呼吸できねー!www 脇腹にかかる圧力が尋常じゃなく、上手く背面や腹部にそらしつつ頑張るって感じで1時間。正直前座なのでwww、重みが俺的には違うので全てを後半に懸ける、と。
 前列から次々と脱落者が出ていく中、いよいよ後半! d2bの登場! AiRIさんも登場し・・・ってあれ?声おかしくね? その時点で気づきましたよ! 本音を言うと、プロとしては失格だと思います。キツイことを言わせてもらうと。でも、でも・・・それが愛嬌と愛情だと思えてしまうぐらいこのバンドは最高で最強で最高だ!!!!!!! 
 で。良く思い出せないけれど、たぶんLike a Life, Like a Live!でのモッシュがいきなり横から強烈に来て・・・俺の左肋骨が折れましたwwwwwwwwwwwwww ちょうど柵と挟まるカタチででで。加減を知らないオタのモッシュ怖ぇ。限度を知らないというか、場数踏んでないのが原因だと思うけれどまあオバイバーだしーwww アンコールまでは頑張りましたよ?
 色々思うところはありましたが、今回も良いライブでした。個人的には2009年のBIGCAT以上のモノは有り得ないと思ってるので、骨折は置いといてw、そこそこ楽しめたかと。まあ会場出るときには皆_| ̄|○だったのが最高に笑えたんですけど(俺含む。


 坂本真綾朗読劇「ジャンヌ・ダルク」を見に上野まで。ホームですねwww
 どんな感じなんだろう? 「私の中の消しゴム」みたいな感じなのかなぁ?と思っていましたら・・・音楽は生演奏、朗読は演技付き、さらに客席にまで行って朗読するという・・・ファンにはたまらなさすぎな幕でした。ただ今回は、真綾さんの立ち振る舞い、演技に注目・・・というよりむしろ内容に注目してしまった俺でした。というのも、ジャンヌ・ダルクという題材はもう消費し尽くされていて、説明不要なぐらいに理解しているので、その中でどれほどの振れ幅を持って作られているのか、そればかりが興味の対象となってしまって・・・ファン失格ですか?www いやいや、ジャンヌとして真綾さんはピッタリだったと思いますよ。何より一人芝居といっても差し支えないほどの強度で頑張られていたので素直に応援してましたw そしてそれはその魅力的な声色で、観客全員を魅了したといっていいでしょう。生演奏も最高でしたし、なにより会場含めての雰囲気が最高でした。これからもシリーズ的にやってほしいなぁ。


 先日、渋谷のAXにて新谷良子ライブに行ってきた! いや、前々から一度行ってみたかったところ、チケを譲ってもらっての参戦でした。まあ案の定仕事のせいで一睡もせずの参戦でwww しかも仕事が多忙すぎて予習をする時間がまったくないままで行ってみました。まあ初見でもいけるのが俺だしな!!! ライブタオルだけ買って久々のAXに入ってみると完全に前がみっちり! 潜り込めるスペースは無いなぁと思い、後方の段差のある部分でビールを呷りまくってましたwww AXは開場前から酒売ってるのが大好きなんだけど、ライブ中も売り続けて欲しいなぁ。もったいなくね?
 さて、歌っている良子さんを見るのは俺初めて。その印象は・・・ふつー、とかギャグで言いそうに・・・言いそうに・・・うん普通だ!www ふだん知って聴いてる良子さんの声そのままだなぁ。CDとか持ってないし聴いたことがないのであれですが、声優アーティストから踏み出せない感じ。その分超絶固定ファンがいて半端無くって素敵! この熱さは最近感じてないな俺。サイリウム拒否派としては難しいところ。そして・・・何と言っても、俺がまず第一に敬愛するKOTOKOさんと方向性とか衣装とかが似ていてかなり複雑になってしまった。なるほど、こういうことかー、と訳分かんない納得をかます俺がいる (。・x・)ゝ
 そういうわけで、完璧に楽しめたわけではないけれど、魅力は十二分に伝わった! 信者が多すぎるのと、固定ファン対応だけは何とかしたほうが良いと思いました。メンバー紹介は少なくともフルネームが当然だと思ってる。そんなとこで初見を切ってどうする(;´Д`) もっと堂々と頑張って欲しいな!



 こんな感じで、覚えてる範囲で書いてみました。また明日から頑張ろう。最後に・・・真綾さん12月のライブは先行全部ハズレました泣きそう。KOTOKOさんカウントライブは大阪なので行けません。何故に今のタイミングで大阪か・・・。ついに皆勤賞が途切れるなぁ。